かみなさん家

ゲームの話をします

発売日にスマブラ買ってVIPになるまで3年弱かかった人の覚え書き

スマブラでVIPになれなかった僕がこの数ヶ月にやったことの覚書きまとめ。もしこれを読んでVIP頑張ろうって思ってくれる人がいるかもしれないので。

そもそもどれくらい勝てばVIPなんだろう?みたいな人もいると思うので、やってて分かったことも書いてきます

スマブラの戦闘力のシステム(推測)

クマメイトのVIPボーダー推定 とか見てぼちぼちやってたんですが、勝率じゃないです多分。勝数-負け数(正確にはもうちょっと細かい)で上がっていきます。2スト残しや3スト残しで勝ったほうが上がり幅が少し大きかった気がします。なので、逆VIPに落ちて負け続けてる人は上がってくるのがちょっと大変かもしれません。マメに記録つけられる人ならクマメイトやすまれぽを使うと今日何回勝ち越したか分かりやすいと思います。

やったこととか

1.日記をつける...僕は記録をつけたいタイプなので今日できるようになったこととか次試したいことを書いてました。ちなみに日記は今年4月から始めて182日続いた。

2.配信者の動画・配信を見る...テクニックとかはそういう動画を見ればいいし、配信者の実際のプレイを見ていいとこ真似するの大事。どこから真似するかは最初わからないと思う。崖の狩り方、着地の狩り方、逆にそこで撃墜されないようにどうやってるかを最初は見たほうがいいかも

3.すまれぽで記録を取る...最初はクマメイトを使ってたけど重くなってきたのですまれぽに移行した。自分の苦手が可視化されるので対策考えるのにいい。

立ち回りで意識するようになったこととか、気づいたこととか

上にあがるにつれ、より意識したのは不利なときはちゃんと形勢よくなるまで我慢する(=撃墜されないようにする)、勝てそうな時こそ堅実なプレイをする(不用意なパナしをしない)とかかな。逆VIP~300万ってとりあえずスマッシュぱなす人多いので、飛び道具とかで咎められるだけで有利になる気はする。飛び道具持ってるからって自分からラインを下げすぎるのは良くない。崖強かったり復帰阻止強いキャラだと詰められて死ぬので...。400~600万くらいはなんかコンボうまかったりするんだけど、結構防御がもろい人が多かった気がする。というか、上にあがるにつれ相手の防御力の上昇が顕著だったと思う。800万越えてからはお互い我慢の時間が増えた。相手もコンボうまい人多いので、一回捕まったらめちゃくちゃにされがち。

キャラ対策は大事。このキャラはこれが強いからこれを狙ってくるから、引いてとかガードしてとか自分の展開に持っていく意識。速いキャラ苦手だったけど、あいつら大体行動がセットアップなのでセットアップの隙のある瞬間を狙う。技を置いてひっかける。見てから何かしようとしても大体当たらない。速いので。

あと、すべての行動に反撃を取ろうとしてはいけない。当たるかわからん反撃してスカすとそのあと痛い目見がち。ステップ、ダッシュガード、二段ジャンプとかで行動を釣って迎撃するとかがいい。相手固まるならそこでつかみ通すとか。脳死でDAとか脳死で掴み遠そうとしてくる相手はその場回避でいい。特に大きい攻撃をガードしたあととか不利状況くつがえそうとしてくる時の行動は脳死でやってる人多いのでそういうのを試合中に覚えとくとそのあと狩りやすいかも。

掴みが強いキャラはジャンプ多めにするとか大事

苦手なキャラとか

数キャラ苦手なまま(勝率2割以下)だったけど、VIPはいけたのでぼったくれるところからぼったくるの大事。負けそうだから試合捨てるのはもったいない。負けそうでも最後までキャラ対策の練習だと思うこと。

マナーとか

煽られたりすることもいっぱいあった。でも数こなすうち心が無になった。こいつ今まで勝てなかったのかな...かわいそう...現実でなんか辛いことあったんかな...って思うことにした。多分試合中は頭冷えてた方が勝てる。

回線切られることもある。勝ったのに戦闘力上がらない。500万付近と、VIP手前くらいが多かったかな。システム上仕方がないと諦めて次へ行こう。勝ちは勝ちです

最後に...

とりあえず回数こなすこと...。1000試合くらいすればある程度何か見えてくるはず。もしこれ読んでVIP頑張ろうって思った人がいたらいいなと思います。

リングフィットを3週間ばかし続けた結果と今後の展望

サボっていたリングフィットアドベンチャーことRFAを再開して3週間ばかし、ほぼ休まず(1日だけ休んだ)続けた結果と今後の展望について。

参考としてワールド20~23くらい、運動負荷は26くらいでした。1日の消費カロリーは40~100前後、最終ステージ含んだ21日目のみ250くらいだった。

まずは気になる体重...... 減らず。

体脂肪率...1%下がった...?

筋肉量...増えた。

と言った感じ。

一番変わったなと思うのは体型ですかね。体重変わってないけど、見た目がちょっとスリムになったと思う。毎月1回正面と側面からの写真を撮ってるので前月と比較するとお腹少し引っ込んだかなという感じ。

体感、筋肉量増えたのに体脂肪率減ってないのナンデ???ってなるところ。誰か教えて。

今年の健康診断が10月後半くらいにあるので、そこまで続けるのが次の目標。フィットボクシング2を買ってそれも併用しようかなと思ってるところです。今月は出費が多くて買えなかったんだけどね。

とりあえず運動は続けて体脂肪率を下げるのが目標...。体重は一旦置いておきたい。

そんな感じ。RFAで痩せようと思う人の参考になれば。運動してない人が100日くらい続けたらかなり見た目は変わると思います。

自己肯定感?

最近、こんなツイートを見た。

「『自己肯定感の高さ』って『どれだけ心の底で人を見下してきたか』ってことなのでは…?」

「『どれだけ井の中の蛙をしてきたか』」

このあと、彼は「うーん、考えが浅そう」って一応疑問を呈してはいたが、こういう考えが根底にある人なんだなと思ってびっくりした。

自己肯定感の高い人って他人を気にせずに自分を肯定できる人だと思うんだよね。他者の存在はありつつも、自分の現状に満足できる人。

そういう意味ではまだ僕は自己肯定感あまり高くないかなぁ。もとの発言の彼はほんとうに自己肯定感が高い人を見たことがないのでは?と思った。自己肯定感が高いなって人は奔放に生きているし、成功も失敗も糧として生きているような気がする。どちらもありのままの自分の現状だからだ。

特に長々と書くこともなかったのでここまで。

思ったことをつらつらと。

1.チーターの話

最近apexがチーターで荒れている。いうてもPS4組だからあまり関係ないが、界隈自体が盛り下がっているような気がして物悲しい。衰退していくのかなぁ。

オンラインゲームとチーター、引いてはゲームとチートは切っても切れない関係にあるように思う。そしてチートをするような人間に対してはモラルを求めてもしょうがないと自分は思う。

自分が高校のときに友人(仮にNとしよう)の友人(仮にTとしよう)がポケモンでチートをしてドヤ顔をしていた時の話をしよう。Tは全ステータス700越えのLv100ガブリアスを所有していて、「育てるのにとても時間がかかったんだ!」と言っていた。種族値努力値個体値、性格からステータスが計算できることを知っていればそんなガブリアスがいるわけがないことが丸分かりなのだが、Nはそこまで詳しくなかったのでそのまま信じてボコボコにされていた...。そして僕は「勝てる策があるからやってみよう」と、Tと1vs1で勝負をすることになり、"はちまき+がむしゃら+しんそく"でTのガブリアスを落とすことができたのだが、彼はセコいことに2体目を連れてきていたのだった。そういう人間なのだ。彼らは。セコいし嘘をつくしそれを何とも思ってない。

「ケーキの切れない非行少年たち」という本がある。確か、非行少年たちにケーキを3等分させたらどうなったか、みたいな実験が中で語られているのだが、まともに等分できる子が全然いなかった、という内容だった。なぜかというと、彼らは認知能力がとても低いからだ。認知能力が低いということは事象を正しく認識することができず、結果悪いことを悪いこととも思わない、結果非行に走ってしまうがそれを悪いとは思ってない。思ってないから自分で改善ができない。そういうことである。

スプラトゥーンでもチートが湧いたりするのは見たことあるが、apexの現状はそれの比ではない。というのも、1マッチ60人が参加するのだ。1pt紛れ込んで、それが大量のptを殺戮すればそれだけの被害者が現れるわけである。これまでの運営を見ていると期待はできないが、早期の解決を望みたい。

2.ゲームの勝ち負けの責任の所在について

今流行っているゲームは責任の所在が曖昧なところがある。という話をtwitterで見た。何度か話題にあがっている話である。実際、責任の所在が曖昧な方が「今のは自分が頑張ったから」「いまのは味方が良くなかった」等、戦闘結果の判断を甘く見てその分楽しめるという側面があると思う。ゲームにしろ何にしろ、最初は楽しいからやるのである。楽しくないものは続かない。だから責任の所在がシビアなゲームは万人受けしない。格ゲーがその最たるものである。間合い管理、攻撃、回避、防御それらの選択が相手とのジャンケンとはいえ、読み合いの結果が勝ち負けにかなり直接的につながる。もちろんコンボミスだったり、距離の調整だったり本人の操作精度も含めて、1vs1だからこそ勝った時の喜びが高い一方で負けた時の辛さがしみる。

あるフォロワーは「勝ちも負けも全部自分のものだ。だから楽しいんだろう?」と言っていた。そう思える人がいる一方、それを受け止めきれない人のほうが大多数だからこそ、格ゲーは万人受けしないんだろうなと思う。ぽんぽんぽんと強くなる人がいる一方、僕のように牛歩の歩みでしか強くなっていない人もいる。それを楽しく思えないなら続かないのである。

ゲームのバランスって難しい。

最近のいろんなもやもやを形にする

先日の件がまだ尾を引いている。

言った彼Kとはしばらくしゃべってない。周りは、「Kくんが言ってることは正しいけど言い方は正しくないよね」だったり「かみなさんまだ気にしてるの?根に持ちすぎじゃない?笑」だったり、そもそも彼との言い争いになった元の人Eは「どっちも気にしすぎですよ笑」と言っていたりする。

まず1つ目。件の彼の言っていること自体は概ね正しいのだろう。自分よりある基準において実力の低いものへの指摘だったりを強い言葉で行うことは弱いものいじめであろう。先日、Twitterで見た「アドバイスをするという行いは気持ちいいものだ」というのがとてもしっくりくる。僕はそれをすることで気持ちよくなっていたのだ。でも、なかなかプレイが安定しないEくんにやきもきして言葉や語調が強くなっていたのは事実なのは認めるし反省している。「人間として未熟」の時にも書いたけど、求められてないのにすべきではないのだ。アドバイスなんて。それでもしたいというならアドバイスをするほうが対価を払う、というのが確かになと思ったりした(「アドバイスをするという行いは気持ちいいものだ」のツリー内にあった)

2つ目。「かみなさんまだ気にしてるの?根に持ちすぎじゃない?笑」だけど、人への指摘が下手な僕にとって、何度か繰り返してる話題なのでセンシティブになってるのはある。繰り返してるなら直せよっていうのはごもっとも。毎回反省しているはずなのに、またやってしまう...。悪癖を直すのは本人が思っている以上に大変だ。

3つ目。今回の話題の中心となっているはずのEとはKを交えずに遊んでいたりする。同じdiscordのサーバ内にはいるので、僕とEに加えて他1,2人で遊んでいるのをKは観測しているはずなのだけど、混じってくる様子はない。僕はめちゃくちゃ身構えているのだけど。ちなみにEとはスマブラの新キャラ出た日(昨日)に遊ぶ約束をしていたのだがすっぽかされた。割と2回に1回はあることなのだが。そういうことがあるので、彼と遊べることがレアケースなのもあって周りからも注目を集める要因なのかもしれない。

 

そのほか... 

twitterでやりたいようにしたい... みたいなのも多々あって、ゲームと本とアニメとVの話をするのにアカウントを分けたりした。今までの知り合いは誰も気づいてないor気づいていてもフォローしてないのであろうが、TL流しちゃうなーと思ってつぶやけてなかった多方面への感想とかをだばだば垂れ流している。個人的には平和。かわいい絵をRTするのにも躊躇が無くなったし、別にメイン垢でも遠慮しなくて良くない?とも思ったのだがやはりリアルでの知り合いが増えると躊躇するやん...?となったので、この際に。気づいた人はフォローしてくれてもいいが話しかけてくる人以外はフォローを返す気がないのでよろしく。

 

唐突に猛スピードでぶん殴られた気持ちになった話。

https://kamina310.hatenablog.com/archive/2021/04/27

この時の話に通ずる話。

人間として未熟だよね、って話を前にもしてて、これは定期的に自分でも考えるテーマなんだけど、これ関連で唐突にぶん殴られたよ(比喩)的な話。まぁ僕が悪いところは多々あるので順当ではある。

よくチームでやるゲームで味方に文句が出てしまう。これは本当に悪癖だ。その自覚はある。自覚があるから許されるわけではないのだが。

先日、フレンドが「自分より強い相手と戦いたい!!!」みたいな話をしていて、「戦闘民族だなぁ」と空リプをしてたわけなんだけど、実際僕は自分より強い相手とやるならちゃんと分析した上で対策を練ってから戦おうとか考えるタイプの人間だ。もしくは小さなことを積み重ねて少しずつ強くなって追いつけたらいいなと思ったりしている。

まぁそんな話をしていた横からフォロワーさんが「弱いものいじめ好きだもんね笑」みたいなリプライを投げつけてきた。スマブラは実際弱いから戦闘力低いとこにとどまってるだけなのになぁとか思っていると、彼はその話じゃないという。チームでやるゲームにおいて弱い人に対しての文句や暴言が酷いと言うのだ。まぁ多少自覚はあれど、改善はしてきていると思っていたので、またこの件で殴られるんだなと思って悲しくなった。ゲームをする上でやはりベストを尽くした上で勝ちたいから、こうすればよかったのでは、ああすれば良かったのでは、という話をすると思うのだが、熱くなってる時の僕は本当に口が悪いらしい...。それを彼は弱いものいじめだと言うのだ。もうチームでやるゲームなんてするべきじゃないのでは...と今まで何度も思ってきたけど、この辺が潮時なのかなと思う。何をどうしても改善できてないらしい。一言も文句も垂れない清廉潔白な人間にならないと許されないらしい...。彼は通話に一緒にいて文句を聞こうものなら「それチクチク言葉だよ!」と指摘しようと思っているとも言っていた。今更やるなら前からやってくれればよかったのに、と思う。

そんなことを考えていて朝5時になりそうである。不眠の日々が続く...。

 

追記:

最近はそんな文句が出ることもなくゲームができていると思った矢先だったので本当にショックだった。なんか楽しいことを考えてスッキリしたい。

唐突に猛スピードでぶん殴られた気持ちになった話。

https://kamina310.hatenablog.com/archive/2021/04/27

この時の話に通ずる話。

人間として未熟だよね、って話を前にもしてて、これは定期的に自分でも考えるテーマなんだけど、これ関連で唐突にぶん殴られたよ(比喩)的な話。まぁ僕が悪いところは多々あるので順当ではある。

よくチームでやるゲームで味方に文句が出てしまう。これは本当に悪癖だ。その自覚はある。自覚があるから許されるわけではないのだが。

先日、フレンドが「自分より強い相手と戦いたい!!!」みたいな話をしていて、「戦闘民族だなぁ」と空リプをしてたわけなんだけど、実際僕は自分より強い相手とやるならちゃんと分析した上で対策を練ってから戦おうとか考えるタイプの人間だ。もしくは小さなことを積み重ねて少しずつ強くなって追いつけたらいいなと思ったりしている。

まぁそんな話をしていた横からフォロワーさんが「弱いものいじめ好きだもんね笑」みたいなリプライを投げつけてきた。スマブラは実際弱いから戦闘力低いとこにとどまってるだけなのになぁとか思っていると、彼はその話じゃないという。チームでやるゲームにおいて弱い人に対しての文句や暴言が酷いと言うのだ。まぁ多少自覚はあれど、改善はしてきていると思っていたので、またこの件で殴られるんだなと思って悲しくなった。ゲームをする上でやはりベストを尽くした上で勝ちたいから、こうすればよかったのでは、ああすれば良かったのでは、という話をすると思うのだが、熱くなってる時の僕は本当に口が悪いらしい...。それを彼は弱いものいじめだと言うのだ。もうチームでやるゲームなんてするべきじゃないのでは...と今まで何度も思ってきたけど、この辺が潮時なのかなと思う。何をどうしても改善できてないらしい。一言も文句も垂れない清廉潔白な人間にならないと許されないらしい...。彼は通話に一緒にいて文句を聞こうものなら「それチクチク言葉だよ!」と指摘しようと思っているとも言っていた。今更やるなら前からやってくれればよかったのに、と思う。

そんなことを考えていて朝5時になりそうである。不眠の日々が続く...。